image1

アトピー性皮膚炎の低年齢化や大人のアトピー再発が話題になっています。

そのアトピーを治すためには「老廃物を出す」というのがあります。

これを理解していないとアトピーの症状は治まりません。

私も子供時代はアトピーでした。今は症状が治まっています。

そんな私も取り組んだ「老廃物を出す」ということはどういうものなのかを紹介します。

1.そもそも老廃物とは何?

image2

老廃物とは代謝機能によって生じた体にとっていらない物のこと。

例えば消化できない食べ物や、垢や皮脂、二酸化炭素、腸内ガスなどがある。

老廃物の多くは汗、呼気、垢、尿や排便などともに体が出ていきます。

ちなみに代謝とは、食べ物の栄養素を体内で燃やし、エネルギーに変えて消費するシステムのこと。

呼吸をする、心臓を動かす、体温調節などはこの代謝の働きによるもの。

この代謝が悪いと不要なものをためこみやすい体になるので太りやすくなります。

体温調節が上手くできず、汗をかきにくい、冷えやすい、便秘などもあります。

また食べ物に含まれる添加物や残留農薬、車が出す排気ガス、ストレスなども体にいらないもの。

 こういう物を体にたまる「毒」といいます。

  

2.アトピーと体にたまる毒(老廃物)の関係

image3

アトピーの症状は、体の中に溜まっている毒(老廃物)を、皮膚を使って体から出しているために起こります。あの肌の炎症は体の健康を保つための働きなのです。

なぜ体の中に溜まっている毒(老廃物)を出すために皮膚を使っているのか?

それは代謝が悪く、解毒作用が弱い(便秘になりやすいなど)ためです。

皮膚しかなかったのです。毒を出すところが。

  アトピーの人は代謝が悪いので汗をかかない、冷え性、便秘などもあります。

  私も子供のころから冷え性。汗もあまりかきません。

  そういう症状をあまり気にせずアトピーは薬を塗って治すものと思ってました。

  それは間違いと気づき、今では体に毒(廃棄物)をためないように色々気をつけてます。

  

3.毒(廃棄物)をためない!

image4

基本的には食生活の改善。

体にいらないものは食べない。

例えば、スナック菓子などのお菓子。これは体に必要ありません。

私は小学生のころ、高学年だった思いますがお菓子断ちをしました。

アトピーのためではなく体重を減らすために始めました。

チョコ類、ポテトチップ類などを食べない日々が続き、体重はそこまで落ちませんでしたが、

気づいたらアトピーの症状が治まりました。

症状が治まったのはお菓子断ちをしたからなのか、思春期になったからなのか、はわかりません。

あのお菓子断ちのおかげで、今でもお菓子を食べなくても苦になりません。

また少食も効果あります。

現代の食べ物は添加物だらけです。

添加物の無い食べ物だけを食べるのはとても難しいです。

悲しいことですね・・・。

だから食べる量を少なくすれば良い。そうすれば添加物などを少なくすることができる。

食べ物以外に排気ガスやほこりも体にいらない。

アトピーがひどいから田舎に引っ越したという人もいる。

私が住んでいる所はすでに田舎。とてもありがたい。

でも田舎暮らしの私でも子供のころはアトピーでした。

田舎にいてもアトピーになるのが今の日本です。

環境改善も大切ですが、やはり食べ物が一番関わり深いと思います。

今の日本は食べ物が豊富で良いも悪いもいろんなものがあります。

昔はそうではなかった。

だから今アトピーが増えているのです。

4.毒(廃棄物)を出す!

image5

毒(老廃物)を出すために必要なことは、

規則正しい生活をする。

夜は体を休めて毒(廃棄物)を出す時間。早く寝て睡眠時間をしっかりとろう。

身体を冷やさない。

これは内臓を冷やさないということ。温かい食べ物を食べよう。腹巻もおすすめ。

運動をする。

適度な運動で汗をかく。便秘予防になる。

汗をかくのはとても大切です。

一番簡単なのがウォーキング。1日30分ぐらいで大丈夫です。

トイレに行く。

便秘は毒(老廃物)がたまります。

便秘にならないような食生活、運動をこころがけます。

ストレスをためない。

日々のストレスを発散できる何かをする。

例えば身近なところで音楽を聴くとかです。

私はマリンスポーツを始めてから劇的に生活スタイルが変わりました。

マリンスポーツは朝が早いのでおのずと前日は早く寝ます。

そして運動。マリンスポーツでも私はスクーバダイビングを選びました。

全身海に浸かるので水中運動。

この全身水中運動が良いのか便秘になりません。

海に入るからといっても器材の準備などで陸にもいます。

当然日に当たるので汗をかく。

海のスポーツで良いところは汗かいてもすぐ海に入って汗を流せるところです。

そして海に癒される。海に入ると何もかもがすっきりします。

ただ海に浸かる分体が冷えます。

体が冷えないように心がけています。

アトピーの症状も人それぞれ違うように、毒(廃棄物)を出す方法は十人十色。

まずは手軽なウォーキングから始めてみましょう!

意外と知られてないアトピーと老廃物の関係!アトピーは薬では治せない! まとめ

1.そもそも老廃物とは何?

2.アトピーと体にたまる毒(老廃物)の関係

3.毒(老廃物)をためない!

4.毒(老廃物)を出す!

以上私も取り組んだ老廃物を出すの紹介でした。

アトピーは痒ければ痒いほど毒(老廃物)がたまっていて、それを体が一生懸命排出しています。薬などでその働きを抑えるのではなく、日々の生活習慣や食生活を改善して毒(廃棄物)が出ていきやすい体を作りましょう。そして毒(老廃物)をためない生活を。

アトピーのケア商品▶︎▶︎▶︎みんなの肌潤シリーズの口コミはこちら

内側からのケアを本気でお考えの方に
カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています