最近話題になっている「じゃばら」という果物を知っていますか?

先日テレビで、『じゃばらが花粉症に効くらしい』という話をしていました。

毎年憂鬱な春を過ごしている私は、半信半疑ながら調べてみました。

すると・・・!

私と同じように花粉症に悩んでいるあなたも、

もしかしたら今年は、マスクを外してお花見ができるかも・・・。

では早速本編へ参りましょう!

じゃばらってどんな果物?

じゃばらは、レモンやスダチ、ゆずなどと同じ香酸柑橘類です。

香酸柑橘類とは、ミカンなどと違って、酸味が強く生食には向かない柑橘類のことで、果汁を絞ってジュースにしたり、薬味や風味づけとして香りを楽しんだりすることの多い果物です。

もともとは、和歌山県北山村に自生していました。

自然交配で偶然できたじゃばらは、『幻の果実』とも呼ばれています。

現在では、愛媛や静岡でも栽培されるようになり、少しずつ全国に知られるようになってきています。

ホントにじゃばらが花粉症を緩和するの?

じゃばらが花粉症に効果があるという話は、私はたまたま見ていたニュースの特集コーナーで知ったのですが、調べてみると最近では有名な話のようです。

臨床試験やモニター結果などにより、じゃばらの花粉症への効果は実証されじゃばらの花粉症への効果が一層注目されています。

実は、じゃばらは、花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎・アレルギー性気管支喘息などのアレルギーにも効果があると言われているのです。

一体じゃばらのどんな成分がアレルギーに効果があるのでしょうか。

じゃばらが花粉症に効くのはなぜ?

じゃばらには、フラボノイドの一種の「ナルリチン」という成分が豊富に含まれています。

他の柑橘類にも「ナルリチン」は含まれているのですが、じゃばらはその含有量が圧倒的に多いのです。

この「ナルリチン」が、アレルギー抑制に効果を発揮すると言われています。

私たちの体は、体内に侵入してきた異物を体外に追い出そうとする働きがあります。これを「免疫」と言います。

この「免疫反応」が過剰に起こるのが、アレルギー反応です。

花粉症の原因である花粉(抗原)が体内に入る

    ↓ ↓

それを排出しようと抗体が作られる

    ↓ ↓

また同じ抗原が入ってくる

    ↓ ↓

何らかの原因で抗体が過剰に反応する

    ↓ ↓

細胞からヒスタミンなどのアレルギー物質が放出される

    ↓ ↓

かゆみやくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こす

ナルリチンには、ヒスタミンなどアレルギーを引き起こす物質が放出されるのを抑制する作用があります。

ナルリチンのこの作用により、花粉症をはじめとするアレルギー症状を抑制する効果があると考えられます。

 

症状がひどい時は、抗ヒスタミン薬やステロイド剤の塗付などが必要ですが、じゃばらによりアレルギー症状が緩和されれば、薬を使用する頻度も減らせるかもしれません

こんなに素敵なじゃばらなら、早く食べてみたいですよね。

じゃばらは、ゆずなどと同じで主に香りを楽しむ柑橘です。果汁を絞ってポン酢のように使ったり、はちみつなどと混ぜてジュースにしたり、じゃばらチューハイなんかもいいですね

ただ、まだスーパーなどでじゃばらを見かけることが少ないのが残念です。

通販サイトでは、じゃばらのジュースやサプリを販売しているお店もありますので、一度探してみてくださいね。

↓↓↓
発酵黒じゃばら配合のムズムズすっきりサプリ!NEWアレルトール

じゃばらには副作用が!?

自然に近い形でアレルギーが治まればうれしいですが、一つ注意をすることがあります。

アレルギー反応を抑えるナルリチンは、特にじゃばらの果皮に多く含まれるのですが、果皮には「リモネン」という成分も含まれています。

リモネンには、免疫力アップやがん予防、ダイエット効果などの効能が期待されています。

ですが、リモネンとても酸化しやすい成分なんです。

酸化したリモネンを食べると活性酸素の影響で、アレルギーを誘発する物質を増やしてしまいます。

アレルギーを抑えるためにじゃばらを摂っても、逆効果になる可能性があるのです。

ですので、じゃばらの果皮もジュースなどに使用するのであれば、出来るだけ早めに使いきらなければなりません。

じゃばらを使った健康食品や飲料品、サプリメントなどにも、リモネンが含まれていれば、かえってアレルギーが出てしまうかもしれませんので注意が必要です。

実は、リモネンを除去する技術は特許が取られていますので、きちんとリモネンを除去してある食品もあります。

リモネンが除去されているかどうかわからないときは、

  • 「日本じゃばら普及協会」公認のマークがついているものを選ぶ
  • あまり安すぎる物は選ばない

この2点を心に留めておいてください。

「日本じゃばら普及協会」とは、和歌山県北山村のじゃばらの効能を世間に広く知ってもらうことを目的として作られた組織で、リモネン除去技術の特許を取得しています。

ですので「日本じゃばら普及協会」公認のマークがリモネンが除去されていることを示す一つの目安になります。

ただし、公認マークは北山村産のじゃばらだけに出されます。他の地域で生産されたじゃばらには、適用されません。

他の地域のじゃばら商品の場合は、適正な価格ではなく、安すぎる商品はリモネン除去ができていない可能性があると考えてください。あまり安価の商品には気を付けましょう。

↓↓↓
発酵黒じゃばら配合のムズムズすっきりサプリ!NEWアレルトール

じゃばらが花粉症に効くらしい!話題のじゃばらについて調べてみた。まとめ

今日は、アレルギー抑制に効果があると言われているじゃばらについてお話しました。

花粉症・アトピー性皮膚炎・アレルギー性気管支喘息などに悩んでいる人には、とても気になる話ですので、もう一度おさらいしておきますね。

  • じゃばらは和歌山県北山村に自生していた香酸柑橘類
  • じゃばらのナルリチンという成分がアレルギーを抑制する
  • ナルリチンは果皮に多く含まれる
  • 果皮にはリモネンも多く含まれている
  • リモネンは酸化するとアレルギーを誘発してしまう
  • じゃばらを使った商品と買うときはリモネン除去の確認が大切

 

乾燥するとお肌がかゆくなり、春になると目鼻がかゆくなる、なんだか年がら年中かゆ~い・・・!

そんな日々とさよならさせてくれるかもしれない、『じゃばら

効果は人それぞれ差があるとは思いますが、試してみる価値あり!ですね。

↓↓↓
発酵黒じゃばら配合のムズムズすっきりサプリ!NEWアレルトール

 

 



サラヴィオ美容液は効果がない?
アトピーのケア商品▶︎▶︎▶︎みんなの肌潤シリーズの口コミはこちら

アトピーの娘を助けたい。試したのは通院と〇〇