image1

ある日突然まぶたが腫れて、痛みや痒みで化粧どころではなくなってしまう…そんなコワーい話があるのをご存じですか?
化粧品には、使う人の肌質や季節によって合う合わないがあるのは常識ですが、その中でも極め付けはアレルギーです。お肌の中でも皮膚が薄く敏感で、しかしメイクの手順の多いまぶたはアレルギーを発症しやすい場所なのです。
発症してしまうとまぶたの周りは殴られたように赤く腫れ、痛みや痒みに悩まされてメイクをしている場合ではなくなってしまいます。
更に恐ろしいのは、いつもと同じ化粧品を使っていたとしても、人によってはある日いきなり発症する人もいることです。
毎日のメイクを楽しめるように、正しい知識を身に付けましょう!

 

化粧品アレルギーの原因って?

image2

まぶたの周りにアレルギー反応が出る原因は、実にたくさん考えられます。
まずは化粧品自体に原因がある場合です。目の周辺に使用するアイメイクのアイテム、アイライナー、アイシャドウ、マスカラなどに配合されている成分がアレルゲンとなり、アレルギー反応が出てしまいます。
その他にも二重まぶた用のテープや糊、つけまつげ用の糊、アイメイクリムーバーなどでもアレルギーを発症する人もいます。
合成ポリマーやパラベンなど、多くの化粧品に含まれている成分でかぶれを起こす方もいますし、それらを使っていない化粧品であっても色素に含まれている金属の成分に肌が反応してしまう場合もあります。

どうやって対策したらいいの?

image3

まず一番大切なのは、必ず肌に安全かどうかテストしてから化粧品を買うこと。
どんなに肌が丈夫と思っている方でも、かぶれない化粧品を何年も使い続けていたとしても、ある時いきなりアレルギーを発症する危険は誰にでもあります。
化粧品売り場にあるテスターでは色味や使い心地をチェックできますが、付けたまま一度少し時間を置いて、何も変化が起こらないことを確認するのが良いでしょう。
ベストな方法は、化粧品カウンターでテスターを貰い、家に帰ってフェイスラインや二の腕の内側に塗布し、絆創膏(内側がガーゼになっているもの)を上から張って24時間経過を見ることです。特に敏感肌の方はこちらの方法が安全です。
また、化粧品に含まれている成分の中で何が自分に合っていないのか調べることも大切です。原因がパラベンや合成ポリマーであれば、それらを含んでいない化粧品や、無添加化粧品に変えるのも一つの手段でしょう。

アレルギーの原因は化粧品だけじゃないかも?

image4

実は敏感なまぶた周辺のアレルギーに関しては、化粧品以外のものが原因となっている場合もあります。
金属アレルギーの方は、まつ毛に使用するビューラーがかぶれの原因になることもあります。プラスチック製のビューラーもたくさん販売されていますので、そちらを使うのが安心でしょう。
また、花粉症や紫外線などがアレルゲンとなっている場合もあります。
花粉症の場合は皮膚科に行って薬を処方してもらい、低刺激の化粧品で様子を見ることをオススメします。
紫外線の場合は、日焼け止めをまぶたの周辺までしっかりと塗り、帽子や日傘、サングラスなどで予防をしましょう。
これらの方法を試してみてもまだアレルギーが出てしまう、という方がもしいらっしゃるようであれば、食品や薬によるアレルギーが、敏感なまぶた周辺に出てしまっているという可能性もあります。一度病院でアレルギー検査をしてもらうことを強くオススメします!

他人事じゃないんです!化粧品アレルギーでまぶたが腫れるかも? まとめ

・まぶたの周りにアレルギーが出てしまう原因は、メイクアップ用品に含まれている成分が敏感な皮膚に反応して炎症を起こしてしまうから
・何の成分が原因か分からないので、しっかりと調べてから買うことが大切
・化粧品以外のことがアレルゲンになっている場合もあるので注意
以上三点が今回のまとめになります。
女性は妊娠や出産などで体のバランスが変わりやすく、急にアレルギーを発症する危険は誰にでもあるもの。
アレルギーを持っていない人でも、普段からなるべく帰宅したらすぐにクレンジングをしたり、休日はお肌を休ませてあげたりと、まずはお肌に負担のかからない習慣を身に付けることが大切です。

アトピーのケア商品▶︎▶︎▶︎みんなの肌潤シリーズの口コミはこちら

内側からのケアを本気でお考えの方に
カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています