image05

“アレルギー”

 

この言葉を聞いただけで

鼻がムズムズ目のかゆみ….

 

思い出してしまいますね〜

 

私が、今まで体験したアレルギーは、

花粉ネコ….

症状も、鼻炎結膜炎気管支炎湿疹などなど、いろいろでした。

 

でも、毎年症状が出るワケではないんです。

 

そして、”アトピー”

 

と、聞いて思い出すのは

私の息子の小さい頃の事。

 

息子今は、もう、成人ですが、

小さい頃アトピーありました〜

アレルギーありました〜確か!

 

でも、中学生頃になり、ふと気づくと?

ありませんでした〜

 

アトピーとして皮膚科の病院も行ってないし、薬もかゆい時に市販薬の

軟膏つけただけなんですけど…

 

大人になったら治るんでしょうか?

 

でもね〜たぶん

私も息子も、アレルギーの因子は持ってるんだ思うんです。

 

なおったワケじゃなくて

 

今は、症状が出ないようにうまくつきあえてるだけなんじゃないかと!

 

思うんです〜

 

そこで、たいした事では、まったくないのですが…..

 

私が今までに体験した事から思うところの

 

アレルギーとアトピーとのつきあい方というか、

症状を出さない、そして長引かせないコツを3つ

 

まとめて みようと思います。。

 

 

症状が似ていて間違えやすい風邪とアレルギー、どう違う?そもそもアレルギーって何?

image06

ところで、私が体験したアレルギーは、最初にも伝えましたが

症状は、鼻炎・結膜炎・気管支炎・皮膚炎などだったのですが

これって、風邪の症状と間違えやすいと思います!

 

風邪の初期症状でも、鼻水や咳が出ますよね〜

喉も赤くなりますね。

だから、内科の病院に行くと熱がなくても

風邪薬をもらえます。

「まぁ、風邪ですかね〜。お薬出しますから様子見てください」と、

 

それで、やっぱり風邪なのかな〜という気持ちになって薬を飲んでみるのですが、

なかなか治りません〜!

 

お医者さんは、じゃあ薬変えてみようか〜と

薬を変えてくれるのですが…

 

治らず、やっとアレルギーかな〜という話になりまして

この症状がアレルギーとわかり気づいた

アレルギーと風邪の違いは、

熱がないこととかゆいことです!

そして、症状がひどくて

治りに時間がかかりますね〜!

 

風邪より、やっかいなこの症状

できれば繰り返したくありません。

 

そもそも、アレルギーとは何なのか?

 

“アレルギーとは、免疫反応(抗原を排除するために働く生理機能)が、特定の抗原に対して過剰に起こること。原因は、解明されていないが、生活環境や遺伝が原因ではないかと言われている….”

そして、アトピーはアレルギー反応のうち、皮膚の炎症だそうです。

 

なるほど〜!遺伝ですかー!

思いあたる事、かなりアリ!です。

 

風邪の症状は?と言うと、ウィルスを排除するために働く生理機能です。

風邪は、遺伝は関係ないけど、ウィルスの強さと抵抗力に関係しますね。

では、アレルギーは?

 

アレルギーも、抵抗力が弱くなると、出てきやすい?最近、症状がほとんどない息子と私の違いは?

image03

3年ほど前に、なりますが、突然身体がかゆくなり、赤い湿疹が足首にボツボツできて、皮膚科に行くと猫アレルギーですね〜と言われたんです。それまで、猫の側にいても、まったくそんな症状なかったんですよー。

そして、息子に最近目立った症状がないのもなぜなのか….考えて

 

気づきました。私と息子の違いを!

 

息子、中学生になるまでは、好き嫌い多く食事量も少なくて、かなりヒヨワでした。

それが、中学高校となり、モリモリ食べて、身体も大きくなり、運動もして、睡眠もよくとり

大人になってからも、それは変わらず….

 

そして、私は、好き嫌い多く、食べる量も少なく、不規則な時間帯の仕事をし、いつも

睡眠不足。。そして、運動もしてません…!

 

 

抵抗力の違いは、かなりありますね〜ハハハ!

アレルギーも出るワケです!

 

そして、気づきました!アレルギーの症状を出さない、長引かせない方法を….

image07

 

 

1.  バランスの良い食事と、睡眠をよく取り、規則的正しい生活をし、毎日の適度な運動を  すること!

そうすることで、抵抗力がつくと思うのですが…

 

一度には出来ないですね〜。。運動は年齢的なものもあるし、無理はしないで少しづつ

でもできることからと考えて、私はテレビ体操を始めました!なかなかおすすめです  よ!

 

2. 抵抗力にまだ、自信がない時は、アレルギー症状が出た元(抗原)を、とにかく避ける ことで  す!

 

とは、言っても掃除や、外を歩く事をしないなんてできません。。マスクをして防護で す!

猫には、近づかない事〜できればですが…

 

  1. アレルギー症状が出た、または、出そうな時は内科ではなく、専門医にかかりましょ  う!

 

内科でもアレルギーの薬は、出してくれるので、内科に行く場合は、以前にアレルギー

症状が出たことがあると伝えましょう。。でないと、私のような失敗しますね〜笑

 

そして、もう一つ、根拠はないのですが〜

楽しみや、好きな事を楽しむ時間を持つ事です!

 

人間て、好きな事や、楽しい事に集中している時は、元気になれますから….

 

まとめ

 

では、まとめです!

 

 

  1. アレルギーと風邪の初期症状は似ていて、間違えやすいが、アレルギーはかゆみが

ともない、長引くことも多い。

アレルギーは特定の抗原に対して、それを排除しようとして過剰に起こる症状(鼻や   目のかゆみ、咳、皮膚炎など)で、生活環境や遺伝が関係しているらしい。

アトピーとは、アレルギー反応のうち皮膚の炎症のこと。

 

2. アレルギーは風邪と同じで、抵抗力が弱くなると出てきやすい。アレルギーを      持っていても、症状がでる人、でない人、どう違う?抵抗力の違いが関係している

のではないか。

 

3. アレルギーとアトピーがあるのは、仕方がない。私と息子の体験から、アレルギーの   症状を出さない、そして、症状が出ても長引かせない方法に気づいた。

方法は3つ

 

・バランスのよい食事と睡眠、規則正しい生活、毎日の適度な運動で身体に抵抗力を

つけること!

 

・抵抗力にまだ自信がないなら、アレルギー症状が出た元のものをとにかく避ける    こと! マスクは、必需品です!

 

・アレルギーが出た、または出そうな時は、内科ではなく専門医がおすすめです!

内科にかかる時は、アレルギーが出たことがあることを伝えること!

 

そして、好きなことや楽しいことを持ち、ココロも元気にして、アレルギーと

おつきあいしましょう〜!!

 

以上です!

 

あ、一つ付け加えることが、あります。

私が体験したアレルギーには、食物アレルギーはありません。

(食物アレルギーにはもっと重篤な症状があると聞いています。)

 

そして、アレルギーの程度も、そこまで重いものでは、ないのかもしれません。

アレルギーの症状と種類は人によって違いますので!

私が思ったような方法では、避けられない深刻な状況もあると思います!

そういった方は必ず専門医のご指導に従ってくださいね~!!



アトピーに関する記事はコチラ!!!

 

カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています