桃がスーパーに並ぶ時期になると、その香りに誘われるがままについつい買ってしまいますよね、缶詰でもゼリーでもスーパーで手軽に買える定番デザートでもあるのでよく食べる人もいるかもしれません。

そんな身近な果物である桃ですが、最近桃を食べた後に喉がイガイガしてしまうという事はありませんか?

実は最近桃に対してアレルギー症状が出てしまう人が増えているそうなんです。

今回は桃が原因で起きてしまうアレルギー症状について取り上げます。

 

 

桃アレルギーってどんなもの?

 

桃を食べた時に起きてしまう主なアレルギー反応の自覚症状として、喉のイガイガ、口や唇や喉が痒くなったり腫れぼったい感覚になるなど、口の中や周辺だけの症状が起きます。

なんだそれだけかと侮ってはいけません、これは立派なアレルギー反応で、病院へ行って検査をすると「口腔アレルギー症候群」と診断される可能性がある立派なアレルギーなんです。

ただ痒くなるだけなら大丈夫と思える程桃に対する愛が止まらなくて桃に手を伸ばさずにはいられないという人も中に入るかもしれません、だけど食べ続ける事で症状が重症化してしまう可能性がありますよ!

最初は口の中と喉だけの違和感だけだとしても食べ続ける内に鼻水や咳、呼吸困難、腹痛や下痢、じんましんが起きて、更に症状が激しくなってくると血圧が急激に下がって意識を失ってしまう「アナフィラキシーショック」を起こしてしまう可能性がありますのでご用心ください。

 

 

今は大丈夫…でも花粉症を患っている人は要注意!

 

私は桃を食べてもそんな反応は起きていないから大丈夫…そう思ってる方の中で何らかの花粉症を患っている方に対して脅してしまう事になるかもしれませんが、実は花粉のアレルゲンと桃などの果物に含まれるアレルゲンの構造が非常に似ているらしく、特定の果物や野菜を食べると花粉が侵入してきたと身体が勘違いして抗体が過剰に反応して果物を食べてもアレルギー反応が出てきてしまう恐れがあるんだとか、もし花粉症を患っている人で桃を食べた時に違和感を感じたらすぐ食べるのを止めて病院で相談してみてください。

 

 

これはアレルギー反応?アレルギー反応が出た場合どうすればいいの?

桃アレルギーにかかってしまうと当然ながらアレルゲンの元である桃を食べないように気をつけなければいけません。

他の果物だと加熱すればアレルゲンが無くなり食べやすくなる事もありますが、桃の場合は加熱してもアレルゲンが無くなる事は無いので食べない方が安全といえます。

食べ物アレルギーを患った経験が無くてアレルゲンがどれかも分からない場合はその気になる食べ物を食べてしまう前にほんの少しだけ舌に乗せて口に含み、身体の反応を見てみるのもいいかもしれません。

もしピリピリとした反応が出たらそれがアレルギー反応です。

すぐに食べるのを止めて病院に相談しましょう、前にも書きましたが「ピリピリしてるだけ」と症状が軽いからと言って食べ続けると重症化する可能性があるので美味しい物が食べられない悲しい気持ちは分かりますが冒険は禁物です!

危ない橋を渡るのはやめましょうね。

自分がどの食べ物に反応するのか気になる人は一度病院で原因を特定する検査を受けるとどの食べ物に気をつければいいのかが明確になるので調べてみるといいかもしれません。

 

 

自分の持ってるアレルゲンを把握して楽しい食生活を送りましょう。

今回の記事で衝撃を受けた人もいるかもしれませんがアレルギーは侮ると重症化してアナフィラキシーショックを起こしてしまうと命を危険に晒してしまう事になります。

前向きに考えると自分の身体を危険に晒す前に身体が発してくれていた危険信号に気づく事が出来て良かったのではないでしょうか?

アレルギー対象の食べ物が好きだった場合食べられなくなるのはとても寂しいとは思いますが、自分の身体に合った食生活を楽しんでいきましょう!

アトピーのケア商品▶︎▶︎▶︎みんなの肌潤シリーズの口コミはこちら

内側からのケアを本気でお考えの方に
カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


季節の変わり目に、爽快感を得たい時におすすめ
サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています