image1

アトピー性皮膚炎が低年齢化してる中、大人のアトピーも流行っています。

子供のころアトピーで症状が治まっていたのに再発した人。

大人になっても症状が改善されない人。

そんなアトピーで悩むのが痒みによる不眠。

私も子供時代はアトピーでした。

今は症状が治まり顔の乾燥肌と手荒れぐらいです。

たかが手荒れですが、酷いときはなかなか寝られないときがあります。

そんなときに脳裏に浮かぶのがアトピー時代の不眠。

あの時代は来てほしくないです。

そんな私がアトピーが再発しないように、不眠にならないように、実践していることを紹介します。

1.夜寝るときかゆくなる

image2

夜寝るときは体温を上げて体の熱を放出します。

これは体内部の体温を下げるためです。体温が下がらないと体が休めないからです。

この体温が上がることで、血行が良くなり、かゆみ神経が刺激されて痒くなります。

また寝るときはリラックスするので、副交感神経が上がった状態になります。

これも夜痒くなる原因の一つです。

なぜならアトピーの人は副交感神経が過剰に働く体質だからです。

もともと過剰に働くところに、寝るという副交感神経が上がる状況がプラスされて痒みがでます。

夜痒くて寝られない。

いったん掻いてしまうと痒みが止まらない。掻いて掻いて掻きむしる。

気が付いたら肌がすごいことになっていて、やばいぞって気づく。

とりあえず冷やし痒みを我慢して寝ようとするけどなかなか難しい。

不眠対策をするときには痒み対策は必須です。

2.アトピー痒み対策 環境改善

image3

アトピーの痒みの原因になるものを排除する。これは人それぞれだと思います。

私の場合まずダニやほこりの排除のため布団掃除機買いました。

お風呂ではシャンプーリンスなどの商品は無添加もの。

洗顔料は一切使わない。基本は水洗顔。冬お湯洗顔後に水洗顔で冷やす

お風呂の水は塩素排除。お風呂などの掃除用の洗剤は使わずクエン酸で。

夏はあせもがアトピーになるので、あせも対策。

マリンスポーツを趣味にして海に浸かる。

セーターは痒くなるので冬はフリース

金属アレルギーがあるので金属系は避ける。

  

  自分が何に対して痒みが出るのかを知ることは痒み対策の一つです。

そして何よりも規則正しい生活を心がける

規則正しい生活とは、寝る時間、起きる時間を決めて早く寝て早く起きる、朝起きたら太陽の光を浴び昼間は体を適度に動かす。

  特に日光浴は大切です。

紫外線はアトピーの改善につながります。自律神経の交感神経が活発になるからです。

また適度な運動で汗をかくことも同じく交感神経が活発になりアトピーの改善につながります。

夜も寝やすくなり不眠対策にもなります。

3.アトピー痒み対策 食生活改善

image4

基本的には和食中心の生活。

和食とは一汁三菜が基本ですが、一汁二菜でも十分です。

汁物はできたら味噌汁が良い。

そして副菜は野菜のお浸しや煮物、酢の物。

主催は焼き物、煮物、蒸し物。揚げ物は避けましょう。

揚げ物を避ける理由は油です。

アトピーで使ってよい油はしそ油、エゴマ油などのaリノレン酸を含むもの。

この油は酸化しやすいため調理用には不向きです。

調理用はオレイン酸を含むオリーブ油がおすすめですが揚げ物は避けましょう。

食事に使う食材は「まごはやさしい」です。

は豆類、はゴマ、はわかめなどの海藻類、は野菜、は魚、

はシイタケなどのきのこ類、は芋類。

この食材を使ってバランスの良い食事を。

不眠対策のため就寝の4時間まえには夕食を済ませます。

夕食は消化の良いもので食べる量は少なめで。

またアトピーの方は、乳製品は食べない、牛乳は飲まないようにしましょう。

もちろんお菓子類も食べない。

私は小学生のころ、高学年だった思いますがお菓子断ちをしました。

アトピーのためではなく体重を減らすために始めました。

チョコ類、ポテトチップ類を食べない日々が続き、体重はそこまで落ちませんでしたが、

気づいたらアトピーの症状が治まりました。

症状が治まったのはお菓子断ちがしたからなのか、思春期になったからなのか、はわかりません。

甘いものが欲しくなったら果物や無添加の和菓子を食べるようにしています。

そしてクロフサスグリ油を飲むこと。

クロフサスグリ油はアトピーの抑制作用があるオメガ3のaリノレン酸が多く含まれています。

効果が出るまで2か月はかかりますが、試してみる価値はあります。

4.アトピー痒み対策 笑顔

image5

アトピーの原因の一つにストレスがあります。

ストレスへの対処はとっても簡単です。笑顔で過ごすこと。

笑うことでアレルギー反応を抑えられる効果があります。

そしてストレスを減らすことができます。

笑顔で過ごせるように何か趣味を持つのも良いですね。

私はマリンスポーツを始めてからいろんな方に出会い、笑顔が増えました。

ちなみに私が選んだマリンスポーツはスクーバダイビング。

海にどっぷり浸かって心身共にリフレッシュしたあとは、ほどよい疲れで夜は爆睡です。

アトピーや不眠に悩んでいたあの頃が懐かしいです。

アトピーと不眠! あの痒みにさようなら、不眠に悩む方におススメの対策とは? まとめ

1夜寝るときかゆくなる

2.アトピー痒み対策 環境改善

3.アトピー痒み対策 食生活改善

4.アトピー痒み対策 笑顔

以上私が実践していることです。

アトピーは副交感神経が過剰に働く体質が原因なので、根本的な治療は体質改善が必要です。体質は人それぞれなので、アトピーの治療はオーダーメイド。尚且つ時間がかかります。でも諦めないでください。「焦らない、でも、あきらめない」です。そして笑ってください。笑顔が幸せの始まりです。

カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています