image1

生きていく中でありとあらゆるところにアレルギーの原因は潜んでいます。

アレルギーを何かしら持っているという人は多いのではないでしょうか?

そんなアレルギーがもし悪化した時にはどうしたら良いのでしょう?

気を付けたい症状についてご紹介します。

 

アレルギーとは

image2

 

アレルギーとは自己免疫疾患です。

アレルギー物質に対して、本来何ともない物質だとしても体が異物だと認識して排除しようと過剰に反応するのがアレルギーです。

今、日本では3人に1人はアレルギーを持っているといわれるほどに、アレルギーを持っている人口がとても増えています。

それらの背景として、遺伝的な要因もありますが、大気汚染や化学物質が増えてしまったり、スギ花粉が多く飛散するようになったりと、環境的な要因も考えられています。

それ以外にも食の欧米化で食生活の変化による腸内環境の変化やファーストフードなどに含まれる油などが原因だと言われています。

確かに何かしらアレルギーを持っている人は多いですよね。

私も実際、花粉症やラテックスアレルギーなどいくつものアレルギーを持っています。

一つや二つアレルギーを持っていたところで普通のように感じていましたが、昔はきっとそんなことなかったのでしょうね。

そんなアレルギーが悪化した時はどういう症状が出るのでしょうか?

 

アレルギー症状が悪化したときはどうなる?

image3

 

アレルギーが悪化した場合、アナフィラキシーというアレルギーが暴走した状態になります。

その場合以下の症状が出ます。

 

・じんましん、全身が赤くなる、むくみ

・吐き気、嘔吐、下痢、腹痛

・咳、ぜんそく、のどの腫れ、呼吸困難

・動悸、不整脈、血圧低下

・眩暈、頭痛

 

症状がさらに進行すると、意識障害やけいれんを起こすこともあります。

最悪の場合、呼吸困難や血圧低下のため、心停止して死亡する可能性があります。

命に関わる危険性もあるので、本当に恐いですよね。

 

ではもしこういった症状が出てしまった場合、どう対処すればよいのでしょうか?

 

アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合の対応

image4

 

・食べ物によるものであれば、食べた物を吐き出させる

その場合が吐いたものが気管に入ってしまうと窒息する恐れがあるので、体ごと下向きにして吐き出させた方がいいです。

もしアナフィラキシーの症状が進行していて意識がない場合、無理はしないでください。

・取り除いた後は横向けが仰向けで安静

意識がない場合は血圧が下がっている可能性があるので、足の下にタオルなどはさんで足を高くするといいです。

・薬を飲む

・エピペンの注射

薬やエピペンを病院で処方されている人は服用や注射をすることで、進行を抑えます。

しかし、エピペンを注射したとしても一気に症状が悪化して死亡するケースはあります。

もしショック症状を起こしたり、症状の進行が早い場合はできるだけ早いめに救急車を呼びましょう。

 

食物アレルギーを起こしてしまった場合の緊急の対応方法についての動画があったのでご紹介します。

【食物アレルギー緊急対応シミュレーション】

 

アレルギー症状が悪化すると本当大変な事態になりますよね。

そんなアレルギーを悪化させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

アレルギーを悪化させないためには!

image5

 

アレルギーを悪化させないためには、そもそもアレルギーが起こらないように予防することが大切です。

原因となる物質を繰り返し触ったり、食べたりすることで、体の中で感作が起こります。

この感作というのはアレルギーの原因となる物質を体外に排泄し、体にとって危険だと知らせてくれています。

この感作を無視していると症状はひどくなり、アナフィラキシーを起こしてしまいます。

まずアレルギーが起こるということを軽く思わないで、しっかり予防してアレルギーの原因となる物質に触らないように気を付けなければいけないということですね。

 

それではアレルギーについてまとめていきたいと思います。

白井田七。茶の口コミは?アレルギー性鼻炎のお子さんにも驚きの力!

 

アレルギー症状が悪化するとどうなるの?気を付けたい症状とは! まとめ

image6

アレルギーとは体が異物だと認識して排除しようと過剰に反応する自己免疫疾患のこと

アレルギー症状が悪化した場合、アナフィラキシーという症状が起こる

  • ・じんましん、全身が赤くなる、むくみ
  • ・吐き気、嘔吐、下痢、腹痛
  • ・咳、ぜんそく、のどの腫れ、呼吸困難
  • ・動悸、不整脈、血圧低下
  • ・眩暈、頭痛

アナフィラキシーショックを起こしてしまった場合の対応

  • ・食べ物によるものであれば、食べた物を吐き出させる
  • ・吐き出した後は横向けが仰向けで安静
  • ・薬を飲む
  • ・エピペンの注射
  • ・症状によっては早いめに救急車を呼びましょう

アレルギーを悪化させないためにはアレルギーの原因となる物質を触らないように予防することが大切

 

アレルギーになっている人はたくさんいて当たり前のように感じていることから、つい少しぐらいと軽く思ってしまうこともあるかもしれません。

実際、私もそんなに大したことじゃないと思って、少しくらいならと気にしていなかったです。

しかし、そういった判断が症状を悪化させている可能性があるので、気を付けたいですね。

アトピーのケア商品▶︎▶︎▶︎みんなの肌潤シリーズの口コミはこちら

内側からのケアを本気でお考えの方に
カテキンパワーで『むずむず・ずるずる』がスッキリ!▶︎

もうアトピー肌で悩むのは終わりです。保湿に特化し潤いを逃さない『みんなの肌潤ろーしょん』をお試しください⇒


サラヴィオ美容液は効果がない?

こちらの記事も読まれています